ライフスタイル

好きなことを仕事にする方法【人生でやりたい100のリスト】

先日ツイッター上で流行っている「人生の100のリスト」というものを実践しました。

自分の夢を叶える方法!!「人生の100のリスト」本日は「人生でやりたい100のこと」を作成しました。 忙しい毎日を漠然と生活しているなか、「やりたいこと」なんて、気にしたこともあ...

自分の中のにある、やりたいことをリスト化するという趣旨のものなのですが。

実践した結果、いままで曖昧だったやりたいことが明確になりました。

こうして実際に言語化することで、自分のなかにある漠然とした夢を知る良いきっかけとなりました。

今回は、その人生の100のリストを使用して、「好きなことを仕事にする」ための方法をお伝えします。

人生の100のリストとは

もともと、「人生でやりたい100のリスト」とは、ロバート・ハリスさんの書籍「人生の100のリスト」の方法です。

私は、まだこちらの本を読んでいないのですが。

リストの作り方は簡単で

  • やりたいこと
  • すきなこと

これらを思いつく限り、書きなぐるだけです。

「たったこんだけ?」

そんな風に思いましたが。
実践した結果、面白いことに、自分の中にある夢や隠れた目標を見つけることができました。

やりたいことをリスト化する意味
  • 曖昧な夢を明確にする
  • 目標がみつかる
  • 自己理解を深めることができる

やはり漠然と、日々毎日を仕事をしながら生活をしていると。

「今のこんな自分でいいのだろうか?」
「やりたいことは出来ているのか?」

そんな不安に襲われることがありました。
また、他人や輝いている知人と、比べて自己嫌悪に陥ることもしばしば。

そんな時期にこのリストを制作して、頭の中がスッキリしたのを覚えています。

そこで今回、この作成した「人生の100のリスト」から、自分にあったビジネスを探す方法
好きなことを仕事にする方法をお伝えします。

「人生の100のリスト」から好きなことを仕事にする方法

先日読ませてもらった、「好きなことをビジネスにする教科書」から参考にさせてもらいます。

こちらの書籍では、好きなことをリスト化して、その中から仕事につながるモノを探すのですが。

好きな事を仕事にするために3つのコツがあります。

  • ①そのものが好きであること
  • ②人に評価されること
  • ③そこに市場があるのか

以上のポイントで、自分の作ったリストの中から探します。

①”そのものが好きであること”を探す

まず初めに、”好きなこと”でないといけません。

誰しも好きなことというのは、あるものです。

  • 時間を忘れて夢中になれること
  • 学生時代に打ち込んだこと
  • 語ると熱く話してしまうこと

今までの人生で、このようなことはあった筈です。
人それぞれ、いろんなことがあると思いますが、もしそれが仕事に繋がるとしたらステキではないでしょうか?

インターネットの普及した今の時代なら、なんでも仕事にできてしまいます。

あなたの好きなことは、誰かの為になります。

②”人に評価される”ことを探す

ただ単に好きなことだけでは、ビジネスになる可能性は少ないかもしれません。
それが人に評価されることなのかが重要です。

  • 面白い
  • 知識がある
  • 役に立つ

とはいえ、好きなことだけでは難しいです。

自分の好きなことから、そのことが評価につながることを見つけてみてください。

例えば、グミが好きだったら??

子供の頃から、グミが好きで頻繁にたべていました。
新しく発売したグミなど、定番のグミまで様々なものを食べています。

ここまでだと、ただのグミの好きな人ですが。

人に評価される為に、自分の好きなことに価値をつけていきます。

好きなだけでも、切り口を変えれば価値になる
  • 珍しいグミの紹介
  • プレゼントすると喜ばれるグミ
  • まずいグミの紹介

自分が好きで頻繁に食べていたのですから、わかるはずです。

自分でグミを作ってみてもいいでしょう。
それらを発信して価値を生み出します。

それが評価につながります。

本当に今の時代、どんなものでも価値につながる可能性があります。
自分の好きなことが、人にどう評価されるのか考えてみてください。

③”そこに市場がある”ことを探す

好きなことをビジネスにするには、そこに市場がある必要があります。

ただ単に、好きだからと言って商品をつくり販売したとしても。

「買う人」がいないと、難しいです。

著者も本の中で、市場が無いと難しいと言っています。

市場とは、お客様がそこにいるかということです。ドラえもんに出てくるのび太くんは、「あやとり」がとても好きです。
そして周りの人たちも評価しています。しかし、ビジネスになるかというと難しい。「あやとり」に高いお金を払ってくれる人がいない。つまり、そういうお客さんがいないということです。
だから、のび太くんは、「あやとり」をビジネスにすることが難しいわけです。

ですが、自分で市場を生み出すという方法もあります。

著者のこの例では、ドラえもんの、のび太くんは「あやとり」が好きだけどビジネスにするのは難しいと言っていますが。

最近では、YouTubeで活躍するユーチュバーが有名ですよね。
のび太くんが好きな「あやとり」を動画で投稿してみても面白いと思います。

  • オシャレな音楽で演出する、新しいあやとり動画
  • あやとりの知らない、外国向けの動画

これらは、いまとっさに出した例ですが、そんな活動を継続的にしていたら、誰かの目に留まるかもしれません。

YouTubeで有名になって、本の出版や、あやとりのセミナー
老人ホームでの、あやとりの講師などなど。

その活動のおかげで、ブームになり市場が生まれるかもしれません。

たしかに著者の言っている通り難しいかもしれませんが。
こういった可能性は今の時代ありえます。

さいごに

実際に、人生の100のリストを作成したのなら、こちらの記事を参考に

自分の好きなことの仕事は、何なのかを考えてみてください。

ABOUT ME
カズキナ
この記事が良かったら、シェアをお願いします! 自分が興味を持ったこと、気になることについて書いてある雑記ブログを運営中。 趣味はガジェット・ゲーム・読書 日々コスパの良い商品を探してます。