ガジェット

【AppleWatch】NikeTrainingが使えないときの解決手順のまとめ

先日『NikeTraining』というフィットネスアプリを使用したところ、AppleWatchが認証できない症状になりました。

具体的には、iPhoneとAppleWatchには『NikeTraining』がインストールされているものの、iPhoneから見るとAppleWatchにはNikeのアプリがインストールされていない??(表示されない)状態でした。

無事にiPhoneと連携ができるようになったので対策方法をまとめました。

『NikeTrainingにはiPhoneAppが必要です。』とエラー表示がでる解決法

NikeTraningのエラー画面左画面がAppleWatch/右画面がiPhone

初めてNikeのアプリを使用しようとインストールしたら、このような表示になりAppleWatchからアプリが起動できなかったです。

NikeTrainingにはiPhoneAppが必要です。このAppをAppleWatchで使用するには、NikeTraining用のAppleWatch AppがiPhone8にインストールされている必要があります。

結果的には、アプリの再インストールで解決しました。
詳しい手順を解説するので、同じようにしてもらえれば使えるようになるかと

『NikeTraining』が認証できない原因

自分の場合ですが確か、AppleWatchから『NikeTraining』のアプリをインストールしました。
その後にiPhoneへ『NikeTraining』をインストールしたのですが、お互いが認証できない自体になりました。

  • AppleWatchに『NikeTraining』をインストール
  • iPhoneに『NikeTraining』をインストール
  • この手順だと認証できなかったです。

対策①iPhoneをAppleWatchを再起動する

まず初めに、お手持ちのiPhoneとAppleWatchを再起動しましょう。
何かしら不具合が出た場合って、大体再起動で解消されることが多いです。

カズキナ
カズキナ
一番手軽なので再起動はまず試してみるべき

対策②アプリの再インストールをする

再起動で治らなかった場合は、アプリの再インストールしましょう。

カズキナ
カズキナ
自分はこれで治りました。

まずは最初にiPhoneとAppleWatchからアプリをアンインストールしましょう。

iPhoneから『NikeTraining』アプリをインストールする。

iPhoneから『NikeTraining』アプリをインストールします。
下のリンクからインストールしてください。

Nike Training Club

Nike Training Club

Nike, Inc無料posted withアプリーチ

AppleWatchへ『NikeTraining』をインストールする

iPhoneからAppleWatchアプリを起動します。
下へスクロールして『利用可能なAPP』から『NikeTraining』を選択。

するとAppleWatch内に自動的にインストールされます。

対策③iPhoneからAppleWatchを認証させる

iPhoneから、『NikeTraining』の設定へ進みます。

画像と同じ手順で進むと、ワークアウトの設定画面の一番下に『AppleWatch』の項目があれば設定へ移行できます。

ここまで一緒の手順で進んだら、iPhoneとAppleWatchにNikeのアプリがインストールされたことになります。

カズキナ
カズキナ
以前はこの表示が出ていませんでした。

無事にiPhoneとAppleWatchで連携ができます。

ここまで同じように進むことができたのなら、Nikeのアプリが使えるようになっていると思います。

AppleWatchからアプリを開くと、待機状態になります。


iPhoneからトレーニングメニューを選択します。

自動的にAppleWatchでも開始されます。

AppleWatchからリモコンとして使用できるのは便利

『NikeTraining』を使用してみましたが、AppleWatchから経過時間を確認したりできます。

またリモコンかわりになるので、次のステップに移行するときなど手元でできるのは快適でした。

ABOUT ME
カズキナ
この記事が良かったら、シェアをお願いします! 自分が興味を持ったこと、気になることについて書いてある雑記ブログを運営中。 趣味はガジェット・ゲーム・読書 日々コスパの良い商品を探してます。