ガジェット

Kindle Paperwhiteでオススメする!カバーケースまとめ

Kindleを保護する方法は3つ

まず初めに、Kindlを保護する方法は3つあります。
以下の種類を確認してくださいね。

収納型

収納型の特徴

・使用するたびに出し入れが必要
・裸の状態で使用できる
・出し入れが面倒

キンドルを使用する度に出し入れするタイプになります。
本体を裸のまま使用できるメリットがありますが、落としたときに傷がつくリスクもあります。

使用するたびの出し入れは面倒です。

カバー

ケースの特徴

・カバーを装着したままの使用が可能
・取り扱っているデザインが豊富
・価格帯に幅があり、手頃なのが多い

ケースは使用している圧倒的に多いです。
なので取り扱っているデザインも豊富ですね。

高いものから安いものまで、幅広く手に入れることができます。

スキンシール

スキンシールの特徴

・デザインが豊富
・装着感が無く、軽い
・保護するには頼りない

ケースにシールを貼り付ける商品です。
なので保護したいのであれば、少し耐久性が心配

しかしオシャレなデザインが豊富で、Kindleを裸で使用したいならオススメ

一番オススメしたいケース

今回キンドルカバーを購入するのに何時間もネットを探しましたが。
これが一番オススメのカバーです。

購入しましたが、大満足です。

・価格(1,650円)2018年7月現在
・デザイン(18種類以上)
・機能性(開閉スリープ)

低価格でありながらも、デザインが様々な種類から選べます。
しかもカバーを閉じると自動でスリープになってくれるので大満足です。

デザインが豊富でおしゃれ

本体の・黒色・白色それぞれから、各色18種類以上選択できます。

Kindle端末は2色展開です。

自分の持っている白色に合わせて白フレームを用意してくれたところが非常にポイント高いです。

開閉自動スリープが便利

キンドルカバーの一部には、カバーを閉じると自動的にスリープになる機能があります。

それがとても便利で、読み終わったらカバーを閉じるだけで平気
実際の本のように読書を楽しむことができます。

一番人気のケース

アマゾンから発売されている純正のカバー。
少し手が出づらい値段の4,680円(2018年7月現在)です。

他のカバーだとレビュー数が多くても200程度なのですが。
こちらの商品1,000件以上もレビューがついています。

こんな人にオススメ

・一番人気が良い
・純正品が良い
・最高品質がいい

電子書籍リーダー用ケースランキングでも1位を取っている商品でもあり、一番人気のカバーです。
カバーを閉じると自動スリープする機能もしっかりついていますよ。

安くてデザインがシンプルなのはコチラ

とにかくシンプルなモノでい良いという人はコチラです。
自分もカバーは2,000円以上出したくないというのが本音です。

こんな人にオススメ

・価格が1,499円(2018年7月現在)
・シンプル
・キンドルを買ってカバーに悩むならコレ

こちらは、単色でシンプルなので。
初めてキンドル端末を触った人などに、まず買って貰いたいカバーになります。

もちろん開閉自動スリープ機能付きです。

手帳のように持ち歩きたい人はコチラ

最近スマホでも手帳型のカバーを使用している人増えてますよね。
そんな手帳型のカバーです。

カバーが開くとポケットがあるので便利。

この商品の特徴

・手帳のように使いたい
・写真デザイン
・自動開閉スリープ無し

残念なことに、開閉自動スリープがありません。
しかも蓋を閉じたときに、ゴムのバンドで留める必要があります。

また有名アーティストが表紙を手がけていることもあり、デザインがおしゃれです。
キンドルカバーには柄が写真のものは少ないので、そんな意味でもこちらはオススメ

kindleUnlimitedで読める、漫画で読めるビジネス本まとめ「本を読む時間がない」 「活字を読むと眠くなる」 ビジネス本って堅苦しくて、そんなイメージがあります。 そんな活字が苦手な方で...
ABOUT ME
カズキナ
この記事が良かったら、シェアをお願いします! 自分が興味を持ったこと、気になることについて書いてある雑記ブログを運営中。 趣味はガジェット・ゲーム・読書 日々コスパの良い商品を探してます。