ガジェット

お風呂の壁にスマホを貼り付ける!?『スマホスタンド』が便利すぎたので紹介

この度、バスタイムを快適に過ごすために、スマホホルダーなるものを購入しましたので紹介します。

なんとお風呂の壁にスマホを取り付けることが可能です。

今回購入したのは、『東和産業 浴室用ラック』というものになります。

実際に使用してみたところ、実に快適にお風呂の時間を過ごすことができました。

お風呂の壁にスマホを貼り付けられる『スマホホルダー』

このスマホホルダーですが、マグネット式となっており、壁に貼り付けるだけで使用可能。

今自分が住んでいるのは、マンションなのですが、浴室の壁はすべてマグネットでできているということで壁であればすべて貼り付け可能でした。

カズキナ
カズキナ
お風呂の壁が磁石で張り付くのは意外だった。

個人宅や環境によっては、磁石が貼り付けられる浴槽ではない場合もあります。
購入前に手頃なマグネットで調べてみてくださいね。

iPadをお風呂の壁に取り付けた結果

iPadでも設置可能なのか試してみた

一般的な、スマホホルダーと違って。

写真を見てもらうとおり、左右のパーツが分離しているのでお手持ちのスマホのサイズに合わせて位置が調節できます。

マグネットで貼り付けが可能ということで、横幅などは自由に変更ができますね。
なので、スマホからタブレットまでお風呂に持ち込めます。

スマホの縦置きでも設置可能 だけど・・・

iPhone8を縦置きで使用してみました。

設置は可能だけどかなり不安定です。
ふとした時に、倒れてしまいそうな安定感でした。

カズキナ
カズキナ
高さが長いとグラつくので注意です。

マグネットなので取り外しがラクでカビ対策もOK

こういうお風呂に貼り付けるタイプって、カビなどで汚れてくるんですよね。
とくに吸盤タイプたとね・・・

その点マグネットなので、掃除が手軽で、カビのあと残りがしずらいというのはメリットの一つ。

カズキナ
カズキナ
汚れやカビが気になったら、お風呂掃除のときにササッと掃除できるのがイイね。

お風呂でスマホの動画視聴にはうってつけ。

今使用している、私のスマホはiPhone8なのですが。
防水対応機種を使用しています。

なので頻繁に浴室にスマホを持ち込む機会が多かったんですよね。

このスマホホルダーのおかげで、以前に比べて快適に動画を視聴できるようになりました。

今まではバンカーリングをスタンド代わりに使用してました。

 

今まで、お風呂で動画見るときって、手で持っているか、スタンド代わりになる『バンカーリング』で手頃な場所に立てかけていましたが、不便でした。

スマホを差し込むだけなのは手軽

壁に貼り付けられるので、パカっと差し込むだけでいいのは手軽です。

最近は、お風呂でもYouTubeなんて人は珍しくないはず。

お風呂の縁に立てかけてたり、手で持ちながら見ている人は検討してみては?

とはいえ、一番活用できるのは音楽視聴

散々、お風呂でYouTubeみるのは快適だと書いてきましたが、実際に使用してみると。

シャワーのときだけのときに音楽を聞くのが個人的には勝手が良かったです。
マグネット式なので、壁ならどこでも設置可能なのは説明した通り。

シャワーを浴びながら音楽を聞く人ならきっとわかってもらえると思いますが。
シャワー流しながらスマホから音楽を流すと。音楽を楽しみにくいんですよね。

防水端末とはいえ、水が掛からない場所へスマホを置くため「音楽が聞こえづらい」

そんな不満を解決できました。

シャワーヘッド付近に設置することで音楽がちゃんと聞こえる

そこでシャワーヘッド付近に、このスマホホルダーを設置するんですね。

すると、頭を洗いながらでも平気です。
スマホがシャワヘッド付近にあるので、音楽がしっかりと聞けます。

カズキナ
カズキナ
頭を流しならでも音楽を楽しめるようになったよ。

なので、お風呂で音楽を楽しみたいって人は買いです。

さいごに

自分はアマゾンで950円程度で購入しました。

まあまあスタンドということなら、そこまで高くもない商品かなと。

サクッとシャワーを浴びるときには、音楽を楽しめて
湯船に浸かるときは動画を楽しめるなどなど・・・

健康の為にも、長風呂したい自分にとってはいい買い物でした。

関連記事

防水対応のKindleが快適すぎる!お風呂の時間を劇的に変えた理由。新型の防水型のKindleが発売 新型のKindlePaperwhiteですが、待望の防水機能が追加されました。 これは非常にコ...
ABOUT ME
カズキナ
この記事が良かったら、シェアをお願いします! 自分が興味を持ったこと、気になることについて書いてある雑記ブログを運営中。 趣味はガジェット・ゲーム・読書 日々コスパの良い商品を探してます。