インテリア

【DIY】ニトリで簡単!カラーボックスでスタンディングデスクを作る方法

この度、ニトリでスタンディングデスクを作りました。

もともと、既成品を購入する予定だったのですが、いくら探しても欲しい商品がなかったのでニトリのカラーボックスで自作してみました。

自作と言っても、カラーボックスと天板を組み合わせるものです。

スタンディングデスクが欲しい
シンプルなのが欲しい

そんな人には、ぜひ参考にしてみてください。

スタンディングデスクの作り方

作り方もなにもありませんが、カラーボックスに天板を乗せるだけで簡単に作ることが可能です。

カラーボックスを作る手間はあるものの、完成までに30分で作成できました。

カラーボックスの作成

まずはカラーボックスを作っていきます。

作っている最中に床を傷つける可能性があるので、床にはダンボールやカーペットの上で作ることをオススメしますよ。


ドライバー1本で作ることは可能ですが、このようなインパクトドライバーのような自動でネジを回してくれる道具があると、簡単に作ることが可能ですよ。

この程度のカラーボックスなら1個10分くらいで作ることができました。
これをもう1本作成します。

2個だとこのような感じです。

こちらのカラーボックスの高さは107センチのものを購入しています。
ニトリでも高さが色々なものがあるのでご自身の体にあった高さを選んでくださいね。

ニトリの天板を乗せるだけ

2本のカラーボックスを作成しました。
そのあとは、同じくニトリで購入した天板を乗せるだけです。

今回はカラーボックスと天板は固定しません。
ネジを打ち込めば固定できるのですが、乗せただけでもグラグラと動くこともなかったので、上に乗っけるだけでも平気です。

完成したスタンディングデスク

完成したデスクがこちらです。
30分で完成することができました。

カラーボックスということで、シンプルでデザインも良い感じになりました。

私の身長が174センチなのですが、この107センチのカラーボックスでちょうど良かったですよ。

天板も横長のを購入しうたので、机の上にパソコン以外のモノもの置くことができるので使い勝手は最高です。

ただ少し奥行きが短いという印象を受けましたが、特に作業に支障をきたす長さではなかったので安心しました。

自作スタンディングデスクの費用

今回ニトリで自作したスタンディングデスクの費用を報告します。

カラーボックス2台 2,580円
天板1枚 1,490円

合計 4,070円

なんと合計4,000円で作成することができました。

非常に手軽に作成することができました。

天板の足をカラーボックスにしているので、収納も増えたのでかなり満足です。

簡単にスタンディングデスクは作れる

ネットでスタンディングデスクを調べてみると、机の上に置くタイプのものだったり。
自立式でも、デザインがいまいちな商品が多くありました。

ですが、カラーボックスでの自作ということで非常にシンプルでオシャレな机ができたと思っています。

ちょうどいいスタンディングデスクが無いという方は、ニトリのカラーボックスの机を参考にしてみてください。

ABOUT ME
カズキナ
この記事が良かったら、シェアをお願いします! 自分が興味を持ったこと、気になることについて書いてある雑記ブログを運営中。 趣味はガジェット・ゲーム・読書 日々コスパの良い商品を探してます。